2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/3/23(中山・中京)日経賞◎ルックトゥワイス

2019/3/23(土)の中央競馬のダート予想は、

中山 6R 3歳500万下
中山 10R 春風S(1600万下)
中山 12R 4歳上1000万下

中京 11R 名古屋城S(1600万下)

を予想しています。

日経賞(G2)

 

本命は、ルックトゥワイス

前走は、スタートで少しバランスを崩して、中団やや後ろから追走。

3コーナーで外から動いて来る馬がいて動けない位置に入ってしまったが、直線に入るところで大外に出すと最後まで長くいい脚を使って2着。

 

メイショウテッコンの早仕掛けて差しが決まる展開にはなったが、最内をロスなく走って抜け出した勝ち馬と違って、終始外を走ってかなりの距離ロスがありながら最速上がり。

負けて強しの内容だった。

 

中山は、2走前のグレイトフルS(1600万下)で、平均ペースを57㎏のトップハンデで3馬身差完勝。

好位から最速上がりタイの上がりで、見た目通りに強かった。

 

最速上がりではあるが、トップスピードの速さはすごくあるのではなく、長くいい脚を使って相手の脚が止まりだすラスト1Fで差を広げている。

だから、東京で最速上がりでも2着が多く、中山だと完勝できている。

 

メイショウテッコン(武豊騎手)の楽逃げは取りこぼす可能性が出てくるが、グランアルマダが逃げて、メイショウテッコン、クリンチャーが好位から追いかける流れならペースアップは少し早くなると考えてこの馬に期待する。

 

相手は、

前走は、適性に合わないスローペースの上がり勝負で、5着まで。

前走よりはペースが流れてくれることで、34秒台後半で上位に来れる流れになれば浮上できる。

距離延長歓迎で、この馬にとって勝負の中山重賞のサクラアンプルール

 

前走は、さすがに凱旋門賞帰りで本来の走りが難しく、いいところなく完敗。

この馬は、トップスピードの速さがないので、上がりが35秒台後半で勝負になるレースでないと差されてしまう。

そうなるように積極的に乗れるかが好走できるかの分かれ目になるクリンチャー

 

加速が遅いがトップスピードが速く、長くいい脚が使える馬なので、広いコースで直線の長い方がいいのは間違いない。

中山だとロングスパート勝負でもコーナーでスピードに乗り切らずに、直線で遅れて追い込んでくる形になると考えているエタリオウ

 

前走は、出遅れてしまったので、勝負の早仕掛けをしたが前を掃除しただけで失速。

トップスピードの速さがあまりないので、前の位置で長く脚を使ってなだれ込むような形が理想的。

小回りは福島で対応できるところを見せているので、逃げなくても後続の仕掛けが遅くなれば、残り目の可能性が出てくるメイショウテッコン

まで。

 

◎ルックトゥワイス
○サクラアンプルール
▲クリンチャー
△エタリオウ
☆メイショウテッコン

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ