2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/3/17(中山・阪神・中京)阪神大賞典◎シャケトラ

2019/3/17(日)の中央競馬のダート予想は、

中山 10R 千葉S(オープン)
阪神 6R 3歳500万下
阪神 12R 4歳上1000万下
中京 10R 沈丁花賞(500万下)

を予想しています。

阪神大賞典(G2)

 

本命は、シャケトラ

前走は、外からじわっと出して行って4番手から追走。

スローペースで進んで残り800mからペースアップする上がり勝負で、楽な手応えて外から船長に立って直線に入ってそのまま押し切って勝利。

12.5 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 11.7 – 11.8 – 10.9 – 11.9

前にいた馬が弱かったのと好位外からスムーズに走られたという展開と相手の位置取りに恵まれたのはあったが、すぐ後ろにいたフィエールマンの追撃を凌いだのは好内容。

 

日経賞を勝っている馬なので、AJCCの舞台は文句なしだが、11か月ぶりのレースで勝ち切ったのには驚いた。

今回は、阪神3000mに替わるが、天皇賞(春)の走りから距離の問題はないし、阪神も3勝して宝塚記念4着している。

そもそも中山と阪神でしか勝っていない重い馬場巧者(日経新春杯2着も超時計のかかる雨の影響のある馬場)。

 

前走勝っての1番人気は馬券的にはどうなの?と思ってしまうが、このメンバーで別定戦は恵まれすぎ。

相手にそこそこの人気薄を入れるので、この馬からでいいかと考えて本命。

 

相手は、

ここ2戦は、速い上がりが求められるレースで、適性に合わず。

合わないレースでも、エリザベス女王杯0.7秒差、愛知杯0.2秒差なので状態は良さそう。

相手は強いが、阪神替わりの距離延長は力が出せるコルコバード

 

前走は、相手が強すぎなので、完敗は仕方ない。

距離延長は間違いなく歓迎で、上がりもかかった方がいいので阪神で坂のある舞台も合う。

休み明けでも、本来の力が出せれば上位争いに加われるリッジマン

 

前走は、ペースが遅すぎて速い上がりに対応できずにさっぱり。

上がりがかかった方がいいので、阪神替わりは大きなプラスになるアドマイヤエイカン

 

休み明け後の2戦は、前に行けずと展開不向き。

同型馬がいるのは気になるが、逃げる競馬ができたら一変する魅力はあるロードヴァンドール

まで。

 

◎シャケトラ
○コルコバード
▲リッジマン
△アドマイヤエイカン
☆ロードヴァンドール
他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ