2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/2/11(東京・佐賀) クイーンC◎ビーチサンバ

2019/2/11(祝)の中央競馬のダートは、

東京 12R 4歳上1000万下

地方競馬は、

佐賀 8R 佐賀記念(Jpn3)

浦和 1R 3歳
浦和 5R C2
浦和 6R C3選抜馬
浦和 7R C2
浦和 8R 埼玉県酪農協会会長賞(C1)
浦和 9R 狭山市七夕の妖精「おりぴぃ」賞(C1)
浦和 10R フェブラリー特別(C2)
浦和 11R 建国記念の日特別(A2B1)
浦和 12R 春告鳥特別(B3)

を予想しています。

あと、水曜日の3歳牝馬重賞「ユングフラウ賞(S2)」の予想も入稿しています。

 

クイーンC

 

本命は、ビーチサンバ

前走は、出たなりで中団馬群の中から追走。
直線に入るところで外に出して、追い出して伸びてはいたが、外から2頭に交わされて3着。

12.2 – 10.7 – 11.9 – 12.2 – 12.1 – 11.0 – 11.8 – 12.2

トップスピードの差であっさり交わされてしまったが、ラスト1Fは少し盛り返しているくらいの走りを見せている。

つまり、トップスピードを長く維持する持続力の点では、この馬の方が上。

 

この持続力を生かせるように、アルテミスSのように早めに先頭に立つような乗り方をすれば十分逆転は可能と感じる。

あと収得賞金がG1に出走確定するにはやや足りないので、勝負度的にも期待できる。

2度目の騎乗の福永騎手が、先週のインディチャンプのように勝ちに行く騎乗をすれば勝ち切ってもいい走りを見せているので期待する。

 

相手は、

前走は、スローペースを2番手から抜け出した2着馬の勝ちパターンのレースを、自ら速い脚を使って差し切り勝ち(ラスト3F12.1 – 11.8 – 11.6)。

新馬戦は、先に抜け出したダノンキングリーに粘られたが、加速ラップを前に迫りながらの2着。

2走前の1800mでは、馬群をさばけなかっただけで、東京は全く問題ないカレンブーケドール

 

前走の阪神JFでは、出遅れて、大外ぶん回しで最速上がりの2着。

直線に入るところで勝ち馬に進路を取られてしまって、騎手の差が出ただけで負けて強しの内容。

小頭数でスロー逃げが理想のジョディーが逃げる展開なら、トップスピードの速い末脚が生きるクロノジェネシス

 

前走は、ジョディーに逃げ切られてしまったが、直線で外に切り替えた分の差だけ。

スローペース逃げを、好位から最速上がりタイの脚でハナ差なら、内容は勝ち馬以上のマドラスチェック

 

前走は、スタートでつまずいてしまったのが全て。

逃げればしぶとい走りができるので、単騎逃げでペースが落とせそうなのは理想的なジョディー

まで。

 

◎ビーチサンバ
○カレンブーケドール
▲クロノジェネシス
△マドラスチェック
☆ジョディー

 

他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ