2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/2/2(東京・京都・中京) 東京新聞杯 ◎インディチャンプ

2019/2/2(土)の中央競馬予想は、

中京 10R ごぎょう賞(500万下)

京都 11R アルデバランS(オープン)
京都 12R 4歳上1000万下

東京 12R 4歳上1000万下

を予想しています。

東京新聞杯

 

本命は、インディチャンプ

前走は、出たなりで控えて、後方3番手から追走。
ペースが遅かったので一団で進んで、4コーナーで外へ。

直線に入って前に進路ができて、押さえるのを止めると馬が自然と加速して、追い出すと一気に前を交わして、そのまま突き放して3馬身差完勝。

スローペースの上がり勝負で、上がり2位より0.5秒速い上がり。
見た目通りに、瞬発力とトップスピードの速さは、かなり高いレベル。

 

東京1600mは初めてになるが、左回りは中京で対応。

時計面では、阪神1600m(小豆島特別(1000万下))の時計の出ていた馬場を1:32.0で走っていて重賞でも戦える走りは見せている。

 

このレースは、2着に負けたが上がり33.2秒の最速上がりの脚を使っていて、勝った馬はその後連勝で1600万下を勝って関屋記念3着に好走したエイシンティンクル。

1000万下なのに、相手が思った以上に強かったことでの取りこぼし。力負けではない。

重賞の相手の東京1600mで、どのような走りを見せるのか楽しみなレース。

内枠に入ったので、スムーズに競馬ができたら勝てていいと考えて期待する。

 

相手は、

前走は、前が有利な流れだったが、3コーナーからペースアップする流れに対応できずに失速。

左回りで直線が長いコースに戻るのは歓迎で、横山騎手が積極的な競馬をさせれば上位争いに加われるロジクライ

 

スローペースが得意な馬なので、ペースが流れたことがここ2戦の末脚に影響した印象。

距離短縮で東京に替わるのは、末脚の速さが戻ってくる期待ができるレイエンダ

 

前走は、スローペースの上がり勝負を32.4の上がり2位の脚で2着。完敗すると思っていていたら、時計を縮めて成長を見せた。

前走から上積みがあれば上位争いに加わってきていいタワーオブロンドン

 

前走は、ペースが流れて小回りの中山で、適性が合わない中で0.3秒差6着は上出来。

前走の走りならベストの東京1600mに戻ったら、牡馬相手の重賞でも勝負になっていいレッドオルガ

 

前走は、あの展開で最後方から大外では、追いかけて終わるのは当然。

富士Sは0.7秒差負けで、その時よりは時計が少しかかる馬場は合うジャンダルム

まで。

 

◎インディチャンプ
○ロジクライ
▲レイエンダ
△タワーオブロンドン
☆レッドオルガ
注ジャンダルム

 

他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ