2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/1/27(東京・京都・中京)シルクロードS ◎ペイシャフェリシタ

2019/1/27(日)の中央競馬のダートは、

京都4R 3歳500万下
京都12R 4歳上1000万下

東京11R 根岸ステークス(G3)

中京11R 伊勢特別(1000万下)

を予想しています。

 

京都 11R シルクロードS(G3)

 

本命は、ペイシャフェリシタ

前走は、軽く出して行って好位馬群の中の5番手から追走。
直線に入るところで外に出して、ゴール前で前に迫るも4着まで。

時計が出ていた馬場で、軽量で武豊騎手の存在ありの平均ペース逃げ。
完全に前残りのレースだった。

休み明けで久しぶりのレースを考えれば、最後に3着馬に迫って内容は悪くなかった。

 

京都は初めてになるが、時計のかかる今の馬場は魅力。

2走前に、時計のかかっていた札幌のキーンランドCでは、9番人気で3着。
1000万下を勝ったレースもかなり時計がかかっていた。

前に行く馬を見ながら、好位から追走して脚の止まるラスト1Fで浮上してくる走りに期待する。

 

相手は、

京阪杯で好位から抜け出して、33.6秒の上がりで押し切ったのを見ると、時計の出る馬場の方がいい感じはする。

ただ、札幌の時計のかなりかかる馬場でもキーンランドC2着。

斤量差がかなり変わるが、本命馬に先着しているダノンスマッシュ

 

前走は、完全に前の馬が崩れている中で、唯一2番手から粘って2着。

今の時計のかかる京都の適性をすでに見せているアンヴァル

 

ここ2戦は、相手が強化されながら連続で2着。

上がりが少しかかった方がいい馬なので、今の京都の馬場は合うラブカンプー

 

近走いまいちも、時計のかかる馬場だった去年2着しているように、馬場適性は合う。

逃げる競馬ができれば、一変する魅力あるセイウンコウセイ

 

前走は、勝負レース後の距離延長の1400mで、さすがにきつかった。

距離短縮で、去年の淀短距離Sを好走しているように今の時計のかかる京都の馬場は合うラインスピリット

まで。

 

◎ペイシャフェリシタ
○ダノンスマッシュ
▲アンヴァル
△ラブカンプー
☆セイウンコウセイ
注ラインスピリット

 

他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ