2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/1/14(中山・京都・高知) 京成杯◎ナイママ

2019/1/14(祝)のダート予想は、

中央競馬

京都 8R 4歳上1000万下
京都 9R 雅S(1600万下)

中山 9R 初凪賞(1000万下)
中山 10R ジャニュアリーS(オープン)

地方競馬

高知 7R 大高坂賞

を予想しています。

 

中山11R 京成杯(G3)

 

本命は、ナイママ

前走は、出遅れてしまって、外目の枠からかなり押して好位の外4番手から追走。
3コーナーで外から動てきた馬に併せて進出したが、前に出られたので直線に入って外に切り替えたが、そこから失速。

結果的に、3コーナーから動いたゴータイミングの影響で、前の馬が総崩れになったレース。

前にいて、唯一粘って0.5秒差7着だったクリノガウディーが、朝日杯FS2着していることから、前がどれくらいきつかったのかが分かる。

そんな展開不向きに加えて、レース前にかなりテンションが上がって消耗していたようなので惨敗は仕方ない。

そもそも、かなり時計のかかっていた札幌で結果を出してきた馬なので、高速馬場の東京は適性的に合わない。

 

今回は、時計がかかってきた小回り中山。
条件は、いい方に一変する。

札幌2歳Sの時計、戦った相手のその後の結果を見て、能力があるのは間違いない。
ただ、その能力を37秒台になるような、超重い馬場でしか出せないのか?普通の重い馬場でも出せるのか?

そこが、好走できるかの分かれ目。
普通の重い馬場でも能力が出せるとしたら、レース条件的に、ここはベスト。
さらに、オッズ的にも前走の惨敗でさらに下がっている。

レース前にかなりテンションが上がるかは未知数も、狙うタイミングとしてはここが狙い所と考えて勝負する。

 

相手は、

前走は、新馬戦と全く違う流れを、好位から正攻法の競馬で2着は上出来。
4コーナーで少し反応が悪かったり、捌くのに少し苦労したのを考えても、あのレース経験は、今回に生きるランフォザローゼス

 

前走の3コーナーから最後まで長くいい脚を使ったのは、中山向きの持続力がある。
ただ、時計が出る馬場しか経験がないので、やや時計がかかる馬場になって同じような脚が使えるかが課題になるシークレットラン

 

前走は、スタートで少し出遅れて、少し行き脚付かずに後方から追走。
直線では、内から進路を探しながら追い込んできて5着。
展開が向いたのはあるが、あのレベルでペースが流れても差して来れる脚が使えたのは収穫だったダノンラスター

 

新馬戦は、上がり3Fのスローペースの上がり勝負で、ゴール直前で交わして勝利。
トップスピードの速さと最後に交わして持続力は評価できるが、ペースが流れて、コースも中山になり、相手も強化。
素質は評価しているが、重い馬場適性と器用さが未知数で押さえまでのラストドラフト

まで。

 

◎ナイママ
○ランフォザローゼス
▲シークレットラン
△ダノンラスター
☆ラストドラフト

 

他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ