2019年予想

【予想:ウマい馬券】2019/1/13(中山・京都) 日経新春杯◎ガンコ

2019/1/13(日)の中央競馬のダート予想は、

京都 4R 3歳500万下
京都 9R 五条坂特別(1000万下)

中山 5R 4歳上500万下
中山 9R 黒竹賞(500万下)

を予想しています。

京都11R 日経新春杯(G2)

 

本命は、ガンコ

近走で結果が出ていないが、敗因は「時計が出る馬場」というのがハッキリしている。

この馬は、時計のかかる馬場が得意で、上がりがかかればかかるほどいい馬。

ジャパンCやアルゼンチン共和国杯の超高速馬場、オールカマーの開幕したばかりの馬場、天皇賞春の高速馬場なんて、好走できるわけがない。

 

去年のこのレースで3着した時が、やや時計がかかっていた馬場で、遅めのペースでもレース上がりが34.6秒。

その後に、かなり時計がかかる馬場だった松籟S(1600万下)を、35.9秒の最速上がりで勝ち。日経賞を、2番手から35.6秒の脚で押し切っている。

先週の時計の出方から、今の京都は去年と同じくらいに時計がかかっている。
久しぶりに力の出せる馬場でのレースになるので、一変を期待する。

 

 

相手も、時計がかかる馬場で結果を出している馬を中心に、

 

菊花賞は、最速上がりタイの脚で追い込んで0.5秒差5着。
出遅れ癖は気になるが、きさらぎ賞で時計のかかる馬場の京都で好走歴があるグローリーヴェイズ

 

前走は、合わない時計の出る馬場でハンデ57.5kgだったが、前にいたことで能力で押し切った。
福島の時計のかかる馬場で勝っていて、斤量減で時計のかかる京都は歓迎のシュペルミエール

 

ここ2戦は、東京の高速馬場が全く合わず。
宝塚記念で上がり36.1秒で3着しているように、時計がかかる馬場は歓迎のノーブルマーズ

 

前走は、全く自分の競馬ができずに、さっぱり。
去年の時計のかかる馬場で2着して、寿S(1600万下)もかなり時計の出る馬場。
自分の競馬ができれば一変あるロードヴァンドール

まで。

 

人気のムイトオブリガードは、かなり時計の出ていた東京で、あれだけ安定して好走する適性。
京都替わりで時計でかかる馬場では、魅力がない。ここは軽視。

 

◎ガンコ
○グローリーヴェイズ
▲シュペルミエール
△ノーブルマーズ
☆ロードヴァンドール

他のレースは、netkeibaの「ウマい馬券」で見ることができます。
こちらもよろしくお願いいたします。

 

中央競馬予想へ地方競馬予想へ